スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦さんと花粉症

スギ花粉症は幅医広い年齢層の方がかかる疾患な訳ですが、最も多い層は20~40代の女性です。というわけで、妊婦さんの花粉症というケースも多いです。この場合困るのが、胎児に影響を与える可能性のある薬は使いづらいということです。まず、妊娠4ヶ月まではほとんどの薬は使わない方が無難です。5ヶ月目になったら、ステロイドの点鼻は比較的安全ですので、処方します。ただし、飲み薬はいずれも胎盤を通って胎児に移行しますので、あまり使いたくないところです。

薬に頼れないとなりますと、余計に日常の注意が必要になります。まず、テレビ、新聞やネット上の花粉情報はこまめにチェック。一日のうちでは、午後2時から4時頃までは花粉の非常に多い時間帯なので、要注意です。また、雨上がりに急に晴れたりすると、花粉も多く飛ぶし、水分を含んで破裂した花粉から、抗原そのものが飛び散るとも言われておりますので、特に要注意です。こういった日には外出を控えるとともに、窓を開けない、洗濯物を外に干さないなどの注意が必要です。もし外出した場合、洗濯物も外に干してしまった場合は、衣服や洗濯物をはたいて花粉を落とすことは有効です。外出時の衣服の素材によっても、家の中に持ち込まれる花粉の量は違ってきます。ナイロンや綿など表面のツルッとしたものの方が、毛やフリースなどよりも良いと思います。外出時、マスクとメガネもできるだけ付けましょう。マスクは花粉症用のものの方がやはり有効なようで、使用頻度にもよりますが、2~3日に一度ぐらいは取り替えましょう。

とりあえず、今思いつく日常の対処法を挙げてみましたが、それでもひどくなったらどうするか。医薬品を使わない治療法としては、昔から温熱療法っていうのが良いとは言われています。これは鼻から暖かい水蒸気を吸入するもので、要するにスチームですね。専用の機械もあるようですが、なければ風呂で、お湯に浸したタオルを鼻の表面に当てて暖めるのも有効でしょう。それから、良く聞かれるのが健康食品はどうなの、っていうことです。これは、口コミや、マスコミが花粉症に効くと宣伝してはいるものの、科学的に効果が証明されていないものが多いので何とも言えず、あまり胡散臭いのはお勧めしたくないです。ただ、ビフィズス菌BB536っていうやつを含んだヨーグルトは、科学的に効果が証明されているようです。また、これは健康食品ではないのですが、よく駅伝の選手なんかが鼻に張っている絆創膏みたいなテープ、「鼻腔拡張テープ」っていうですが、あれは貼る場所をきちんとすれば、鼻づまりに効果があるそうで、これらは、きちんと論文にもなっております。

以上、花粉症の妊婦さん向けのアドバイスを書いてみました。どこかで元気な赤ちゃんを産むため人ために、すこしでもお役にたてればうれしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

耳鼻科医

Author:耳鼻科医

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。