スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症の初期治療

 年が明けたかと思えば、早いものであっという間に2月ですね。この時期になると、だんだんと憂鬱になってくるのが、スギ花粉症の方なのではないでしょうか。花粉の飛び始める時期は、四国や東海地方が早く、北日本は遅いわけですが、早い地方では、もうすぐです。
 
 花粉が飛び始める時期が同じでも、症状の出始める時期は人によって違います。それは、
花粉症の人の間でも花粉に対する敏感さの度合いが違うためで、非常に敏感な人は、花粉がごく微量に飛んだだけで症状が出ますが、大多数の普通のレベルの敏感さを持つ人は、ある程度花粉が多く飛んでから症状が出ます。
 
 花粉症を含むアレルギー性鼻炎の治療は、薬物療法、減感作療法、手術療法があり、それぞれ一長一短ありますが、いよいよ花粉の飛散開始が近づいている時期となっては、薬物療法しか手段の選択はなくなってきました。(北国の方は、手術療法もまだ間に合います。)

 で、その薬物療法なのですが、最近は早期治療が有効であるといわれています。これは、症状が出始めてから薬を飲み始めるのではなくて、それよりも少し早めに抗アレルギー薬を飲み始めておくというものです。それは、アレルギー反応は繰り返すごとに雪だるま式に強くなるので、例えるなら、アレルギーの芽が芽生えないようにしてしまおうという考えを元にした治療法です。薬を飲み始める時期は、花粉の飛散開始日と例年症状の出る時期から決めていきますが、先ほどもお話ししましたとおり、人によって症状の出る時期は違いますので、特に毎年症状の出る時期が重要です。毎年症状の出る時期がわかるのであれば、その1~2週前から抗アレルギー薬を飲むのが、一番良いタイミングです。それより早くても悪くはないのですが、やや不経済です。また、飲むタイミングが遅くなった場合は、十分な効果が得られないことがあります。

 この初期治療は、結果的には薬を飲む期間が、従来の症状が出始めて(さらに言うなら我慢しきれなくなるまで待って)から、ようやく薬を飲む治療法に比べて長くなります。したがって、耳鼻科と薬屋の策略と訝られたこともありますが、実際初期治療の方が、従来型の我慢大会型治療法に比べて、有効なのは間違いがありません。当院では開業当初より初期治療を勧めていますが、希望して早めに受診する方が年々増えていることが、有効性の証拠と考えています。いままで、”我慢大会”のようにひどくなるまでひたすら耐えていた方、だまされたと思って、早めに耳鼻科で相談してみてはどうでしょうか。

 さらに付け加えなら、耳鼻科での待ち時間も、今なら空いていることが多いので、花粉症のピーク時よりはるかに短くてすみますよ。

テーマ : 花粉症
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

耳鼻科医

Author:耳鼻科医

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。